翻訳会社に依頼するときの具体的な流れとは

翻訳業者への依頼の大まかな流れとしては、業者への問い合わせ~依頼文書の送付~見積もり~発注~納品~支払、という流れになりますが、それぞれの段階でより良くスムーズに依頼を行うためのコツがあります。まず最初の業者の問い合わせですが、問い合わせの前にその翻訳会社にしっかりとした実績があるかを確認し、良いと思った業者を見つけたら、その業者の評判や料金がどうなっているかを確認しましょう。 業者への問い合わせに関してはその業者のホームページに問い合わせ方法が記載されているでしょから、その方法で行いましょう。大抵はメール・電話・FAXのどれかになります。問い合わせの際は料金や納期など気になる点を確認するのですが、この際に原稿を送る際のデーター形式についても確認しておくと後々困ることがありません。

翻訳業者によってはWord形式しか受け付けないなどといった事もありますので、対応できるデータ形式かどうかを確認しておきましょう。問い合わせ後、翻訳を依頼したい原稿を送ることになりますが、この時点ではまだ発注していないので、企業秘密などになるようなデータを送付することはやめましょう。見積もりに関しては翻訳語の言語、ワード数をもとに行われます。この段階で納期に関してもある程度具体的に決めることができるのでしっかり確認しましょう。そして送った文章が専門性の高いものなら、その用語や背景知識に関しても業者にしっかり伝わるようにまとめておきましょう。

この作業は非常に面倒ですが、品質を決定づける重要なポイントなのでしっかり行いましょう。内容・料金等について問題がなければ発注し翻訳の開始となります。不測の事態などで納期が遅くなりそうな場合は早めに連絡をもらえるようにしておきましょう。問題なく作業が終了すれば納品となりますが、業者選びに失敗した場合、非常に品質の低いものが送られてきたり、納期がまったく守られないといった事も十分あり得ますので、最初の段階での行さ選びは本当に重要になります。

業者によっては納品後に不明な個所や不満を感じる部分にたいしてアフターフォローを行ってくれる場合がありますので、納品された文章を確認し、問題があった場合は業者に連絡してみましょう。そして問題がなければ、料金を支払って完了となります。一連の流れを見ていただければご理解いただけると思いますが、翻訳を依頼するうえでもっとも重要なのは最初の業者選びです。ここがダメだとすべてが無駄になりますので、しっかり確認をしましょう。

インドネシナ語翻訳会社

インドネシア語翻訳会社:インターブックス

http://www.interbooks.co.jp/service/translation/language/indonesian

บริการล่ามภาษาญี่ปุ่น

http://www.eigo-translation.com

タイ語の翻訳業務のワールド・コングレス

http://www.worldcongress.co.jp

タイ語翻訳サービスリスト

http://matome.naver.jp/odai/2138139659745520501